【大人服】ロックミシンを使ったロンT(スウェット)の作り方

【大人服】ロンT(スウェット)の作り方

⇑こちらの記事のロックミシンバージョンです。事前準備や型紙やセミオーダー等詳しくはこちらをご覧ください。

用意するもの

道具

  • ロックミシン
  • ミシン針
  • アイロン
  • 裁ちばさみ
  • まち針
  • チャコペン
  • 型紙
  • ニット用裾まつり押え

使用しているロックミシンと裾まつり押え、ミシン針はこちら⇓

材料

  • 生地(今回は110cm幅×約3m使用しました)
  • ミシン糸
  • ウーリースピンテープ

今回はこちらの3点を使いました⇓

作り方

STEP.1
バルギー押さえにウーリースピンテープをセットする

肩と袖ぐりは伸びやすいため、ウーリースピンテープを使用。

写真のようにセットし、バルギー押さえをミシンに取り付ける。

STEP.2
肩を縫う

テープだけを先に数cm縫っておき、布地を入れて縫い始める。

左右の肩を続けて縫う。

肩のつなぎ目と両端のテープと糸をカットする。

縫い代は後ろに倒す。

STEP.3
衿を縫い付ける

衿布に型紙の通りに印をつける。

衿布を二つに折り、写真の通りに縫う。

表に返し、アイロンで整える。

印の通りに衿布と衿ぐりをマチ針でとめる。

押さえをあげ、布をセットし。

衿布を伸ばしながら縫っていく。

縫い始めの数センチ手前で止め、メスロックをする。

縫い始めの糸をカットし、数センチ重ねて縫う。

衿を表に返し、アイロンで整える。

STEP.4
袖を縫い付ける

STEP1と同じ要領で、バルギー押さえにウーリースピンテープをセットし、身頃と袖を縫い合わせる。

縫い代は身頃側に倒す。

STEP.5
袖下から脇を縫う

袖下から脇を縫い合わせる。

1枚目の◯で囲まれた部分は、縫い代が厚くならないように2枚目のように逆に折って縫い合わせる。

STEP.6
カフスを縫い付ける

衿布を二つに折り、写真の通りに縫う。

表に返し、アイロンで整える。

衿と同じ要領で縫い付ける。

カフスを表に返す。

STEP.7
裾を縫う

1cm、3cmの三つ折りにして、アイロンで跡つけする。

押さえをニット用裾まつり押さえに変える。

布をセットし、縫っていく。

裾まつりはコツがいるので、試し縫いを数回行って自信がついてから本番に取り組むと良いです。

動画での詳しいやり方⇓

STEP.8
完成!お疲れ様でした!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です